ブログネタ
日々のこと に参加中!

夜分遅くブログ更新すいません。またもや久々の更新です。

昨日、東京電力で送電施設のケーブル火災が原因の
大規模停電が突然起こってびっくりされた方も多かったのではないでしょうか?
本当、まさかですよね…
大規模地震や落雷、台風などで停電が起こることは想定されていても
まさかのケーブル火災でしたから、寝耳に水だったのではないかと。

ここからは昨日の私の事なんすが、少なからずこのニュースに関係があります。
昨日、私はある種類の装置に関する調べ物をしていました。
それは「家庭用電源(AC100V)対応蓄電池」という機械です。
これらがどのような機械なのかという説明をさせていただくとします。

家庭用電源対応蓄電池という機械ですが、

さまざまな充電方法(太陽光、自動車用バッテリー、DCアダプター)から充電した電気を
家庭用電源(AC100V)のコンセントプラグで出力するタイプの、要は非常用電源です。
例えば、ソーラーパネルを利用して太陽光から充電して使うものがあります。
有名どころでは、クマザキエイムという会社が製造している
「SL-12H」という以下の画像(リンク先)の機種があります。


上記の機種は、ソーラーパネル(発電部分)と出力部分(インバーター)が
1つのケースにオールインワンでセットになっているタイプです。
取っ手がついており、持ち運びも簡単ですね。
この機種の仕様は、充電時間がソーラーパネルの場合はおよそ12時間です。
季節での日照時間の違いはありますが、快晴時では2日から3日で完了します。
また、AC電源からの直接充電にも対応しています。(雨天時など)
ソーラーパネルの容量は30W、最大出力は250Wほどになります。
*ドライヤーや電子レンジなどは使用できません。←ここ非常に重要、守らないと壊れます。
パソコンやテレビなど、それほど電力の大きくない家電なら数時間は問題なく使える範囲です。
デメリットとしては、充電池とソーラーパネルがセットになっていることから
充電池が故障した際の交換に手間がかかる事や、熱が内部にこもりやすい点といったところです。
価格のほうですが、楽天市場で安いショップですと、
5〜6万円といったところです。(8万円以上のショップもある)

上記の機種は、セットになったタイプでしたが、ソーラーパネルと充電池+インバーターを
別々に用意するといった方法もあります。
ソーラーパネル単体では、上記と同じクマザキエイムが製造している「SL−P28」があります。


それを、以下のような蓄電池本体+インバーターに接続して使用します。
ソーラーパネル単体の価格は、およそ1万円程度です。
蓄電池本体もクマザキエイムが製造している「SL-200」がおすすめです。


この蓄電池の仕様は、最大出力は200Wです。
さきほどのオールインワンの機種よりはやや劣りますが、
それでもパソコンやテレビなどは数時間は問題なく使用できるでしょう。
やはり、ドライヤーや電子レンジはNGですので気を付けてください。
充電時間もさきほどの機種と同様、およそ12時間ほどです。
蓄電池単体での価格は、およそ4万円ほどです。

また、ソーラーパネル「SL-P28」と充電池「SL-200」をセットで販売しているショップもあったりします。


このようなセット販売では、価格は5万円程度となっていまね。
ソーラーパネルと蓄電池を後から接続して使うような場合におすすめです。



ここまでは、ソーラーパネルと蓄電池について説明しました。
また、普段家庭用電源に繋いでいるパソコンやテレビなどを「無停電電源装置(UPS)」という機械を経由させれば
予期せぬ停電が起こった場合でも、数分から数十分は無停電で動作させる事も可能です。
その際に、パソコンやBDなどの録画機の電源を安全に終了し、さきほど紹介した蓄電池に
電源プラグを差し替えれば、そこから数時間はそれらを使用することも可能となります。
パソコン、テレビ、BDなどの録画機は、予期せぬ停電があると大切なデータが壊れたり、
大事な情報を入手できなくなったりしますので、
優先的に無停電電源装置(UPS)を経由させるのもありだと思います。
以下のような機種があります。


この機種の場合、最大出力も210Wとパソコンやテレビなどの一時的な非常用電源としては問題なさそうです。



とまあ、ここまで「家庭用電源(AC100V)対応蓄電池」と「無停電電源装置(UPS)」という
普段あまり耳にしないような機械について説明させていただきました。
かなり商品紹介的な内容になってしまっていますがどうかお許しください。
だがしかし、このような機械はあっても損ではないと思います。
私が昨日たまたまこのような機械についての調べ物をしたのも、将来的に
大規模地震や台風などが原因で停電になることへの備えが必要だから、
今すぐとはいかなくても、何年か後にはこういう物を揃えておきたいなという
「取らぬ狸の皮算用」的に突発的に始めた調べ物でした。
私は特に地震への関心がここ数年で非常に高まり、東日本大震災や熊本地震の経験から
「震度6以上の地震が来たら間違いなく停電になる」という事を思い知らされたからです。
でもね、まさかその日のうちに本当に東京都で大規模停電が起こるとは
夢にも思いませんでしたからねえ〜
しかし、今回の突然の大規模停電で、中には上記で紹介したような機械の必要性を
思い知った方もいるのではないでしょうか?
お金に余裕のある方なら早めの購入もありだと思います。
お金に余裕のない方でも、どのようなものなのかじっくり眺めておくのも良いかと思います。

ちなみにですが、「ソーラーパネル」と「家庭用電源(AC100V)対応蓄電池」の組み合わせ、
家庭での停電対策だけではなく、キャンプに出掛けた際の電源としての使用や、
電気代の節約など、エコに利用するのもありだと思ったりします。

今回は久々に長々と書かせていただきました。
最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。