こんばんわ。

怒涛の懐かしの音楽ネタ祭り、あともうちょい続きます。



今回は、1996年10月下旬編集のカセットテープからの紹介です。

オリジナル版のカセットテープは、TDKのMA-90(1996年頃のモデルチェンジ版)のA面でした。

*B面は、当時学校のMacで作っていたDTMの音源からの録音(小室作品の耳コピ)で埋まっていました(笑)

この編集に近い内容のリメイクは、1999年10月上旬にTDKのMAEX-110(1999年モデル)に行っています。

*諸事情により、曲目完全一致ではない。

(1998年の記事のときに説明した1994年〜1996年編集合併版です。)



1996年10月といえば、Puffyの人気が絶頂だった頃でしたよね〜

それもあってか、ジーパン2人組の女の子がナンパの対象になることも多い

俗に言う「Puffyナンパ」なるものが流行っていたと、情報番組の"トゥナイト2"でやっていたこともありました。


では曲目にいってみます。

1曲目は、華原朋美の「save your dream」
この曲は、ロッテチョコレート"紗々"のCMに使われていました。(1996/10/2)
さらに、CMには朋ちゃん本人も出演していたんですよね〜
僕は、"紗々"がとても好きなので、それと朋ちゃんの組み合わせというのは、最高でした。
また、当時学校のMacでもDTMでこの曲を自分流にアレンジして作っていました。
(それについては別のネタでSSを紹介します。MIDI自体の配布はNGなのでね。)

2曲目は、globeの「Can't Stop Fallin' in Love」
この曲は、globe通算7枚目のシングルで、JR東日本のJR SKI SKI キャンペーンソングでした。(1996/10/30)
完全に冬の到来を意識した歌詞と曲調になっており、これからの季節にぴったりな感じの曲です。
個人的な思い出としては、10月下旬〜11月初めくらいに学校行事で七飯町へ研修に行ったとき、
ユースホステルの泊まり部屋で友達2人とこの曲をテープを使いまわしてウォークマンで聴いていたことですね。
あと、クラスの女の子がこの曲好きでしたね。七飯町研修の帰りのバスでテープを渡して聴かせていました。

3曲目は、相川七瀬の「恋心」
この曲は、"銀座ジュエリーマキ"のCMで、CD発売のかなり前からかかっていたので、
早く音源手に入らないかな〜とずっと待っていた曲でした。(1996/10/7)
エアチェックで音源入手後早速テープに入れてローテーションしていましたね〜

4曲目は、槇原敬之の「どうしようもない僕に天使が降りてきた」
この曲、耳タコ指数高かったですよ。
"ベストテンほっかいどう"で上位にランクインしていたので、何度も聴きました。
歌詞も好きですね。

5曲目は、Puffyの「これが私の生きる道」
この月で一番耳タコ指数が高かった曲です。(1996/10/7)
こちらは、女の子のカラオケ定番曲でしたよね。
冒頭でも触れましたが、この頃のPuffyの人気は本当に凄かったです。
街のファッションは、アムラーとPuffy系って感じだったです。
曲ですが、ビートルズ風で意図的にモノラルサウンドだったというのも話題になってました。

6曲目は、GLAYの「BELOVED」
GLAYの定番バラード曲ですね。
翌年にリリースされた「HOWEVER」もこれまたヒットしましたよね〜
両方とも、男子のカラオケの定番曲になっていたのを思い出します。



曲についてのコメントはこれくらいかな。

なお、当時のチャートリストが載っているサイトがありますので、下記のサイトを参考にしてください。

オリコンシングルランキング 1996年10月 1996年11月

カセットはこの2つの中間くらいの選曲になっているかな。



当時の思い出ですが、学校行事で確か3泊4日で道南の七飯町に行ったことですね。

高校の修学旅行からまさに丁度2年後に再び学校行事での遠出、楽しかったな〜

色々な音響、照明設備とか見られてすごく勉強になったんですよね。

見学後は、バスで泊まりのユースホステルで戻ってきて、友達と楽しいひとときを過ごしました。

あの頃の連中、今どうしてるかな〜



今回はここまでです。

それでは次回も楽しみにしてくださいね。