皆さんこんばんわ、いかがお過ごしですか〜

今回で10月の怒涛の懐かしの音楽ネタ祭りはおしまいです。

その後はこのネタは通常通り月1、2回ペースへ戻ります。



今回は、1994年10月下旬編集のカセットテープからの紹介です。

オリジナル版のカセットテープは、maxellのCD's2-60で、年代不明です。

この編集のリメイクは、1999年10月上旬にTDKのMAEX-110(1999年モデル)に行っています。

(1998年の記事のときに説明した1994年〜1996年編集合併版のA面です。)

1994年10月のテープ






*上がオリジナルテープ、下がリメイク版テープ


1994年10月といえば、長嶋ジャイアンツのリーグ優勝、日本シリーズ制覇などの出来事がありましたね〜

日本シリーズ制覇が僕が高校の修学旅行に出発する前日だったこともあり、

修学旅行に向かう際の機内でジャイアンツ優勝が一面に載ったスポーツ紙を読んでいる人もいました。

朝の連続テレビ小説"春よ、来い"が始まったのも、この頃でした。

見ていた方はいますかな〜

音楽では、EAST END × YURIやm.c.A・Tなどで、少しずつ日本語ラップが浸透しはじめた頃でもあったかな。

個人的には、高校時代の最大の学校行事である修学旅行がありました。

このテープ、もちろん修学旅行に持っていきましたよ〜

ホテルの部屋や新幹線での移動中などでよく聴いていた思い出のテープでした。

では個人的に思い出がたくさん詰まった1994年10月のオリジナルテープの曲目を紹介しようと思います。


1曲目は、米米CLUBの「俺色にそまれ」
この曲は、'94 広島アジア大会のTBS系列テーマソングに使われていました。(1994/9/21)
"俺色にそまれ"という曲名は、この年の春に発売されたシングルの
「ア・ブラ・カダ・ブラ」の歌詞の中にも登場していたんだよね〜

2曲目は、岡村孝子の「ヒロイン 〜あの日の涙を忘れない〜」
この曲は、'94 広島アジア大会のNHKの番組のテーマソングでした。
よくアジア大会を見ていたので、耳にすることも多かったです。
ハイライト番組の終わりでは必ずかかっていました。

3曲目は、観月ありさの「happy wake up!」
観月ありささんの通算7枚目のシングルでした。(1994/10/3)
本人も出演していた"クノールカップスープ"のCMにも使われていましたね。
"星降る砂浜を2人歩いたね でも夜明けになっちゃうと 未体験の世界ね"という歌詞が好きだったりします。
秋の夜長、遅くまで起きていることが多く、なかなか起きられない次の日の朝をHAPPYに目覚めさせてくれる1曲だったな〜

4曲目は、篠原涼子 with t.komuroの「恋しさとせつなさと心強さと」
ご存知、ダブルミリオンを達成したスマッシュヒットナンバーです。(1994/7/21)
劇場長編アニメ"ストリートファイター"の主題歌になっていましたね〜
CD発売は7月でしたが、じわじわとランクを上げ、9月頃からこの頃にかけてCDTVなどで最も上位に入っていたのをよく覚えています。
レギュラー聴取番組だった"ベストテンほっかいどう"や"ブンブンベストテン"でもこの頃常にランクインしていてよくかかっていたな〜
僕のカセット編集の曲目はCD発売の時期ではなく、最もヒットしていた時期を基準としていたので、7月発売にも関わらずこの月の編集に入れました。
個人的には曲もそうだけど、PVがめっちゃ好きなんですよね。あの青い顔のです(笑)
テープ編集の繰り越し回数は3か月間でした。(1994年9月〜11月)

5曲目は、大黒摩季の「永遠の夢に向かって」
大黒摩季さんの通算9枚目のシングルでした。(1994/10/5)
当時のレギュラー視聴番組だったTBS系"COWNT DOWN TV"オープニングテーマに使われていました。10月〜11月の間だったっけな?
修学旅行の夜、沖縄のホテルの部屋で夜景を見ながらウォークマンで聴いていました。
楽しかった1994年10月を真っ先に思い出させてくれる曲の1つです。
歌詞も良かったですよね〜

6曲目は、森高千里の「素敵な誕生日」
森高千里さんの通算25枚目のシングルでした。(1994/10/10)
本人も出演していたアサヒビール"Z"のCMにも使われていたんですよね〜
"収穫の秋"って感じのカントリー風な曲調で、歌詞も面白かったです。
"ちょっとだけ 私"のサビの部分はお馴染みですよね。
ドラムも簡単そうですね、というより、本人がPVでドラムをたたいていましたよね〜 PV見たことのある方いますかな?
お面をかぶってギターを弾いていたおじさんもなかなかいい味出していました。

7曲目は、accessの「SCANDALOUS BLUE」
9月の記事で別の曲を紹介したaccessの通算10枚目のシングルでした。(1994/10/19)
当時accessはシングル3部作企画をしており、この曲はその第2弾でした。
シンセサウンドでありながら、哀愁漂うせつないメロディーラインが秋のこの時期の心に響く1曲でした。
accessはこの年の紅白のトップバッターで登場してこの曲を披露したのですよね〜
このブログ読んでいる方で覚えている方いますかな?

8曲目は、m.c.A・Tの「風に叫ぶ 〜Energy Guyのテーマ〜」
冒頭の話でちらっと触れたm.c.A・Tの通産4枚目のシングルでした。(1994/10/21)
この曲は、パスタのCMで使われていたんですよね。
また、北海道ローカル番組で僕の当時のレギュラー視聴番組だった"モザイクな夜"のエンディングテーマに使われていました。
曲ですが、ラップ部分はともかく、歌部分のキーがものすごく高いんですよね〜 カラオケでは歌えないっす(笑)
曲を知っている男性の方なら、ものすごく納得すると思います。

9曲目は、TUBEの「Melodies & Memories」
TUBEでは珍しく、秋にリリースされたバラード曲でした。(1994/10/15)
TUBEといえば、このネタでも5月から7月くらいにかけて頻繁に紹介してきましたね。
その時のような"これから夏が来るぞ〜"や"夏真っ盛りを楽しもう"的な元気な感じの曲ではなく、
今回の曲は前田さんがしっとりと歌い上げています。
太陽が日に日にその光の強さを失うこの時期、葉の落ちた木の枝ごしに差し込むほのかに暖かい日差しを感じながら聴きたい曲であります。
修学旅行で京都に行ったときに聴いた雑音なしの"ブンブンベストテン"でもかかっていました。(北海道で聴くとラジオ大阪は雑音多いから。)
ブンブンベストテンってこんなに高音質だったんだな〜とか思いましたね(笑)
そんな思い出もあったりした曲です。

10曲目は、松任谷由実の「春よ、来い」
当時の朝の連続テレビ小説"春よ、来い"の主題歌でした。(1994/10/24)
この曲、実は秋リリースなんですよね〜
春の曲というイメージが定着していて、確かに春に聴きたい曲ではありますが、
それはきっと連続テレビ小説が終わる3月に合わせたのだろうね。



曲についてのコメントは以上です。

なお、当時のチャートリストが載っているサイトがありますので、こちらを参考にしてください。

この年は10月のなかでもエアチェックが豊作だったので、ランキングに入っている曲がテープに網羅されている率が他の年の編集より高めなのがわかると思います。



当時の僕の思い出を語らせていただきます。

ネタ祭りの"おおとり"らしく、今回は長いですよ(笑)

冒頭でも触れたとおり、何といってもこの頃の最大の思い出は、高校の修学旅行でした。

テープは確か修学旅行の2日前の27日に完成しました。

そしてその2日後の10月29日(土)に沖縄に向けて出発したんだっけな〜

沖縄に着いて空港を出た瞬間、10月とは思えない暖かい空気に包まれたのは今でもよく覚えてるな〜

温度計には25℃と表示されていましたが、バスガイドさんによると、沖縄ではこの日は涼しいほうだったとのことでした。

着いた当日は、首里城などを見学しましたね〜

あの坂道の周辺の景色は今でも本当よく覚えています。

翌日には、バスでかりゆしビーチなどに行きました。

真っ白な砂浜エメラルドグリーンの海面、今でも忘れられません。

*なお、沖縄での思い出ではココでは言えないこともあります。それは後日アメンバー限定記事で"10月の思い出"として書こうと思います。

その後、泣く泣く沖縄を出発して、京都→奈良→東京と移動して、11月4日(金)に札幌に戻ってきたんだよね〜

札幌に帰ってきた日は、初雪だったんですよね〜

着いたのは19時過ぎで、新千歳ターミナルを出てバスに乗り換えるときは凍えそうだった。温度計を見ると、1℃と表示されていました。

東京もこの日は寒かったとのことですが、それでも東京との温度差は結構応えました。

僕のグループは東京から札幌へ帰ってきましたが、沖縄から直接帰ってくるグループはさぞや寒かっただろうな〜

家に着いて急いでMUSIC STATIONを付けたら、ZOOがこの年のJR SKI SKIキャンペーンソングになっていた「Angelic Dream」を披露していました。

ちょっと前には常夏の島の砂浜ではしゃいでいたのが、帰ってきてみれば初雪、そしてテレビでもスノーメールソングですか〜

1週間で3つの季節を同時体験するというのはこういうことですね。

ちなみにこのZOOの「Angelic Dream」は、"SNOW MAIL SELECTION"(初雪の便りの頃に聴きたい曲特集)というマスターMDに入っています。

もしかしたら、そっちも番外編で紹介するかも。(槇原のアレとか…あっ、ネタバレいけないんだった。)



と、今回はここまでです。

ようやく10月の怒涛の音楽ネタ祭りが終わりました〜

今後はこのネタは通常の更新ペースへ戻ります。

では次回もお楽しみに。



アメブロの同一記事はこちら