皆さんこんばんわ、いかがお過ごしですか?

今日はシベリアから強い寒気が流れ込んで、冬型の気圧配置が一段と強まっています。

おそらくこの冬一番の寒さとなったところも多いのではないかな?

こちら北海道では雪が降り続いて一面銀世界になったところも多かったようですよ。

そうなってくると聴きたくなってくるのがクリスマスソングですよね。





今回は懐かしの音楽ネタの特別編として、「クリスマスソングセレクション」のカセットを紹介します。

この編集は、今までのように19**年○月というような特定の時期からにとらわれない選曲となっている特別編集です。

この編集のベースとなるテープを最初に作ったのが1994年でした。

このため、定番曲、代表曲、その他の曲のリストは、それぞれ編集の前年の1993年までの曲ごとで仕切られているって感じです。

その後、1年ごと(大体11月の第2土曜日くらい)にその年のクリスマスソングを追加した新しいテープを作り直してきたって感じです。

Christmas1996


*リメイク回数は5回、その年のクリスマスソング(追加曲)は、テープの最後のほうに入るというパターンが多かったです。
写真は、1996年に作ったリメイク版テープ(TDK MA110)です。

テープの曲順は、超定番曲→その年の代表曲(No.1ヒット)→その他のそこそこヒット曲あるいはマニアック選曲→リメイク時追加曲となっています。


カセットテープは、TDK MAEX-90の1999年モデルチェンジ版で、前編と後編の2本あります。

*カセットテープでの最終編集は1999年です。その後はMDでのリメイクを行いました。

*MD版の初回は1997年で、カセットテープの曲順を元に作成。

実はその曲目リストをテキストファイルに書き出したものがあったりします。

2001年からは、PCのMP3ソングリスト.m3uへ移行。

ただし、CDを持っていない(テープではエアチェック音源を使用)あるいはMP3化していないなどの理由で

テープやMDに入っている曲がところどころ抜けているものがあります。

.m3uファイルにリストして聴いていた頃は、mixi stationを利用して曲リストを第三者へ公開していました。

それもmixi musicサービスが終了した今では、第三者からはその曲リストを見ることはできなくなってしまいましたが…


では、早速紹介していこうと思います。

今回は曲数が非常に多いので、特に思い入れのある曲以外は、タイアップ情報以外のコメントは控えさせていただきます。


○テープ1本目○

*まずは、超定番曲からスタートします。

A面1曲目は、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」(再リリース多々)
もう定番中の定番ですよね。
1988年から1992年までJR東海の"X'mas Express"CMで使われていました。



2曲目は、WHAM!の「LAST CHRISTMAS」

こっちは洋楽での定番中の定番ですね。
アナログ盤もあったりして、クラブでもよくかかっていましたよ。
あの古き良きサウンドが大好きです。


*次は、年ごとの代表曲(1990年から1993年まで)です。

クリスマスソング 1990年から1993年の代表曲






3曲目は、辛島美登里さんの「サイレント・イヴ」(1990/11/7)
1990年に発売されたクリスマスソングで最もヒットした曲です。
TBS系TVドラマ"クリスマス・イヴ"の主題歌でしたね。
とても切ない曲です。

4曲目は、中山美穂さんの「遠い街のどこかで…」(1991/11/1)

1991年に発売されたクリスマスソングで最もヒットした曲です。
フジテレビ系ドラマ"逢いたい時にあなたはいない…"の主題歌に使われていました。
個人的にすごく好きな曲で、今もこの時期になると必ずローテーションで聴いています。
(このブログでも過去に個別記事でこの曲を紹介しています。)
"HAPPY Merry X'mas"のサビの部分は、同年代の方にはすっかりお馴染みですよね〜
中学2年の時、クラスの女子がよく歌ってくれたっけな〜
当時のレギュラー聴取番組だった"テレホンジャック7"や"コンピューターベスト10"でも当然上位に入っていました。

5曲目は、稲垣潤一さんの「クリスマスキャロルの頃には」(1992/10/28)

1992年に発売されたクリスマスソングで最もヒットした曲です。
オリジナルタイアップは、TBS系テレビドラマ"ホームワーク"主題歌でした。
2000年代の今ではクリスマスの定番曲になりつつあり、TAKA+BA-K(from デリカテッセン)などにもカバーもされていますね。
ヒット当時は有線でガソリンスタンドなどでよく耳にしており、耳タコ指数は非常に高かったです。
ある土曜日、「今日のFMリクエストアワーでかかりそう」と何となく思ったその日にまさにオンエアーされたという思い出もありました。

6曲目は、サザンオールスターズの「クリスマス・ラブ [涙のあとには白い雪が降る]」(1993/11/20)
1993年に発売されたクリスマスソングで最もヒットした曲です。
東京○I○I[まるいまるい]デパート"クリスマスセール"CMソングでもありました。
サザンと言えば夏のイメージがありますが、この曲は完全にサウンドがクリスマス仕様でしたよね。
個人的にはすっかり定番になっています。

*次のブロックは、その他の脇役的なクリスマスソング(1990年から1993年まで)です。

7曲目は、Dreams Come Trueの「雪のクリスマス」(1990/11/21)

1990年からのチョイスです。
この曲は、皆さんが知っているDCTのあの名曲「WINTER SONG」の元となった日本語歌詞のほうです。
歌詞の内容は、1994年にこの曲をセルフカバーした「WINTER SONG」を和訳したのとほぼ同じです。
まあ、当然セルフカバーだからそうなりますよね。

8曲目は、渡辺美里さんの「クリスマスまで待てない」
1991年からのチョイスです。
'91 明治生命CMソングとして本人も出演していたCMでかかっていました。

A面最後の9曲目は、KANさんの「KANのクリスマス・ソング」
1992年からのチョイスです。
'92 ケンタッキーフライドチキン"クリスマスバーレル"CMソングでした。
この曲はとても短かいというのが印象的です。

B面最初の10曲目は、CHAGE & ASKAの「世界に Merry X'mas」
同じく1992年からのチョイスです。
この曲は、アルバム"GUYS"に入っていました。
最後のほうの子供の声が何かハッピーな気分にさせてくれます。

11曲目は、B'zの「いつかのメリークリスマス」

同じく1992年からのチョイスです。
今ではすっかりクリスマスの定番曲となりましたよね。
オリジナルは、ミニアルバム「FRIENDS」に入っていました。
シングルカットされていない曲でここまで支持されるとは、さすがB'zですよね。
この曲は歌詞がとても切ないんですよね。昨年に個別記事で書いたのですが、
2コーラス目が終わった直後のアコースティックギターのソロの部分になると
なぜが涙がでてくるんですよね〜 泣かせる1曲であります。

12曲目は、槇原敬之さんの「雪に願いを」(1993/11/28)
1993年からのチョイスです。
'93 TBS系・冬キャンペーン・ソングという謎のタイアップが付いていました。
"Twinkle Twinkle Little White Snow"のサビの部分はものすごくインパクトがあったのと耳タコ指数が高かったです。
まあ槇原さんということもあり、個人的にはお気に入りですね。
みんなに素敵な笑顔積りますように…

13曲目は、DEENの「永遠をあずけてくれ」(1993/11/28)
同じく1993年からのチョイスです。
'93 NTT DoCoMo"ポケットベル"CMソングでした。(つーか、今ではポケベルがもう死語?)
最後のほうの歌詞"スピードが おちてく 高まってく 鼓動 人混みを かきわけ 長い階段 駆け降りた"の部分は
何かドラマの最終回のシチュエーションを連想させますね。(曲を知っている方ならわかると思います。)

*カセットテープの初回版でその年のクリスマスソングとして追加したものです。

14曲目は、DREAMS COME TRUEの「WINTER SONG」(1994/1/7)
この曲の発売は1994年の正月だったのですが、1993年12月中旬にエアチェックで音源を入手していたので、
1993年のクリスマスに間に合う形で聴いていました。
さきほども触れたように、この曲は「雪のクリスマス」のセルフカバー曲です。
映画"めぐり逢えたら"の主題歌になっていました。
あと、当時は女子に特に人気があったと思います。

15曲目は、マライア・キャリーの「All I Want For Christmas Is You」(1994/10/29)

今となってはすっかり定番曲になった洋楽のクリスマスソングですね。
1994年に発売されたクリスマスソングで最もヒットしました。
日本語タイトルでは「恋人たちのクリスマス」となっており、フジテレビ系ドラマ"29歳のクリスマス"の主題歌でした。
個人的には、本人がサンタの格好をして雪の中ではしゃいでいるPVが非常に印象に残っております。
ビデオクリップにはモノクロのもう一種類があり、'94年のFNS歌謡祭でオンエアーされたんですよね。
'94年のFNS歌謡祭を録画された方は、取り出して見てみるのも良いと思います。

*ここからは、定番クリスマスソングの違うバージョンを2曲入れています。

16曲目は、山下達郎さんの「Christmas Eve (Official English Version)」
これは、1曲目で紹介した「クリスマス・イブ」の英語版ですね。

テープ1本目の最後、17曲目は、WHAM!の「LAST CHRISTMAS (PUDDING MIX)」
「LAST CHRISTMAS」の長いバージョンのほうです。


○テープ2本目○

1曲目は、松任谷由実さんの「恋人がサンタクロース」
テープ1本目に入れられなかった超定番曲からのスタートです。
クリスマスはもちろんのこと、ゲレンデでも定番曲ですよね。

*ここからしばらく脇役的な曲、またはマニアック曲が続きます。

2曲目は、永井真理子さんの「ZUTTO (X'mas Version)」
1990年に発売された永井真理子さんの「ZUTTO」の歌詞をクリスマス仕様に書き換えたセルフカバーバージョンです。

3曲目は、TMNの「DREAMS OF CHRISTMAS」(1990/12/21)
'90 NTT「クリスマス」CMソングに使われていました。
「RYTHM RED BEAT BLACK」のカップリング曲でした。

4曲目は、今井美樹さんの「一人でクリスマス」

5曲目は、岡村孝子さんの「クリスマスの夜」

6曲目は、前田宣輝さんの「CHRISTMAS FOR YOU」(1992/11/1)
テレビ朝日系木曜ドラマ"大空港'92"の主題歌でした。

7曲目は、同じく前田宣輝さんの「Merry Christmas To You」(1992/11/1)
「CHRISTMAS FOR YOU」のカップリング曲でした。

A面最後の8曲目は、稲垣潤一さんの「メリークリスマスが言えない」
稲垣潤一さんのもう一つのクリスマスソングの代表曲ですね。
高校生の頃、歌詞の「It's hard to say "Merry Christmas!"」を
「メリークリスマスと激しく言うよ」だと思ってたことがありました。

B面最初の9曲目は、槇原敬之さんの「涙のクリスマス」(1992/10/25)
この曲は、シングル「北風〜君にとどきますように」のカップリングでした。
歌詞がとても切ないんですよね。

10曲目は、同じく槇原敬之さんの「Red Nose Reindeer」(1993/11/28)
この曲は、シングル「雪に願いを」のカップリングでした。

11曲目は、中西圭三さんの「Kiss, Merry X'mas」
1994年からのチョイスです。
アルバム「SINGLES」にも入っています。

*ここからは、テープを年1回更新したときに追加した曲がしばらく続きます。

12曲目は、竹内まりやさんの「今夜は Hearty Party」(1995/11/20)

1995年の編集時に追加しました。この年の代表的なクリスマスソングでした。
1995年、1996年、1999年と3回にわたってケンタッキーフライドチキン・クリスマスキャンペーンCMソングに使われました。
ちなみにそのケンタッキーのCMで登場した"パーティーバーレル"は3,750円だったことをよく覚えているのですが、今もその値段なんだろうか…
今でも何かとこのクリスマス、忘年会の時期になると、FM放送や有線でオンエアーされる回数が増えてきますよね。
このブログでも個別記事で以前に紹介していたりします。曲にはところどころにキムタクの声も入っているんですよね。

13曲目は、TRFの「SILENT NIGHT」(1996/11/29)
1996年の編集時に追加した曲です。
Panasonicの初代DVDプレーヤー"Dream"のCMソングでした。

14曲目は、SPEEDの「STEADY」(1996/11/18)
同じく1996年編集時に追加した曲です。
テレビ朝日系ドラマ"イタズラなKiss"の主題歌にもなっていました。
この曲もめっちゃ流行りましたよね〜
当時のSPEEDといえば、やはりhiroのキンキン声ですよね(笑)

15曲目は、SPEEDの「White Love」(1997/10/15)
1997年編集時に追加したこの年を代表する冬の名曲でした。
1997年スリーホワイトのうちの1曲であります。
詳しいコメントは、1997年10月のネタで書いています。

16曲目は、T.M.Revolutionの「Burnin' X'mas」(1998/10/28)
1998年編集時に追加した曲です。
多分、この年を代表するクリスマスソングだったと思います。(他にこの年にヒットしたクリスマスソングあったかな?)
"キャンドルも 十字架も"の歌い出しはすっかり同年代の方にはすっかりお馴染みですよね。
歌詞の内容は、ちょっと不倫?ぽい恋なんだっけな?
ちなみに、ネットが繋がったのがこの年で、MIDIファイルも拾ったりしました。


と、ここまでが1999年リメイク時のテープに入っている曲でした。

それとは別に、1999年12月のテープとして入っている曲で、次の曲がクリスマスソングに該当します。

(テープの残り時間の都合で、クリスマスソングセレクションには入れられなかったため。)

○タンポポ「聖なる鐘がひびく夜」(1999/10/20)
モーニング娘。からのユニットが当時2つあり、1つは"プッチモニ。"
そしてもう1つがこの"タンポポ"でした。
その"タンポポ"の初のクリスマスソングがこの曲でした。
衣装は真っ白だったんですよね〜 また、牛柄?のミニスカバージョンもあったりして、
当時僕の周りの女の子でもイベントのとき、それにそっくりな服を着ていたコがいたりしました。

○浜崎あゆみ「appears」(1999/11/10)
30万枚限定生産の浜崎あゆみさんのクリスマスを意識した曲でした。
詳しくは1999年11月の音楽ネタで紹介しています。

○MAX「一緒に…」
どこか切ないMAXのクリスマスソングでした。
"12月この道で 手をつないで歩きたい" 切ないですね。
最後のキーが変わる部分になると、なんか涙が出てきそうになります。

○鈴木あみ 「HAPPY NEW MILLENNIUM」(1999/12/22)
この年は本当に限定生産モノが多かったですね。
この曲もそのうちの1つでした。
レコード屋に急いで買いに行った思い出があります。
曲ですが、クリスマスとミレニアムの両方を意識した作りになっています。
ジングルベルのメロディーから始まるんですよね。
歌詞の"もうすぐ終わるこの時代を もうすぐ始まろうとしてる…"という部分をきくと、
当時ミレニアムなんだな〜と実感していたのを思い出します。
クリスマスが終わった後も1月中旬くらいまでは聴いてました。(もちろん2000年1月1日も聴きました。)
もうあれから10年なんですね〜 本当に時が経つのは早いですね〜




という感じで、今回は懐かしの音楽特別編をお送りしました。

次回は通常のネタに戻ると思います。

ではまた。



アメブロの同一記事はこちら