Dr.HOUSE JENY

Tomo's Blog

Tomo's BlogはTomoによる個人ブログ。1990年代の音楽を振り返る話題など。

カテゴリ: ニュース・世の中の話題

こんばんは、Tomoです。

最悪ですね、本当最悪の結果になってしまいました。

1月20日に日本人が人質にとられている動画が"自称イスラム国"が公開してから
2週間あまり経ちましたが、最悪の結果となってしまいましたね。
前の記事で、湯川遥菜さんが殺されてしまってショックを受けているという内容の記事を書きましたが、
その後2月1日に、もう1人の人質の後藤健二さんも殺されていたことが明らかとなってしまいました。
そして、その後の今日2月4日には、ヨルダン人パイロットも既に殺害されていたというニュースを見ました。
本当に最悪の結果となってしまいました。

前の記事で触れた湯川遥菜さんが殺害されてから今日までに何があったかというと、
湯川遥菜さんが殺害されたとする動画で、後藤健二さんが英語で言っている内容を聞くとわかるのですが、
"自称イスラム国"が提示した残るもう一人の日本人である後藤健二さんの解放条件が、
当初の身代金からヨルダンで囚われている女死刑囚の釈放に変更されました。
つまり、ヨルダン政府との連携が必須になってしまったわけでした。
日本政府はヨルダン政府に働きかけて、何とか協力を要請していたようですが、
ヨルダン側の立場としても「ヨルダンからみて外国人である後藤健二さんの解放のためだけに、
極悪死刑囚を引き渡したくない」というのがあったのだと思います。
そのことから、ヨルダン政府が提示した女死刑囚の釈放条件として、昨年12月から拘束されている
ヨルダン人パイロットの解放があるのなら、女死刑囚を釈放しても良いという話になりました。
つまり、ヨルダン人パイロットの生存確認ができることがこの時点での女死刑囚の釈放条件だったんですよね。
ところが、ヨルダン人パイロットは1月3日の時点で既に焼殺されていて生存していなかったので、
当然"自称イスラム国"はその証拠を示すことができなかったのです。
"自称イスラム国"はあくまでも後藤健二さんと1対1での女死刑囚の釈放を求めていたと思われます。
1月29日には"自称イスラム国"側からの最後の要求が動画で配信され、
その中で後藤健二さんが"自称イスラム国"の要求を読まされる形で、
「女死刑囚を日没までにトルコとの国境近くまで連れてこい」との提示がされました。
これが本当に後藤健二さんの最後の肉声となってしまったんすよね…
しかし、ヨルダン政府はあくまでもパイロットにこだわりました。これにより交渉が決裂。
2日ほど"だんまり"を決め込んだ後の2月1日未明、
後藤健二さんの殺害したとの動画がとうとう配信されてしまいました…
本当最悪です。我々日本人にとってはこの時点でもう最悪の結果です。
そして、それから3日が経った今日未明、ヨルダン人パイロットが生きたまま焼殺されるという
非常にショッキングな内容の動画が"自称イスラム国"が配信しました。
こうして、この事件は日本とヨルダン両国にとって最悪の結果となってしまったわけです。

ここからは私の意見ですが、続きを読む場合は個別記事のURLからお願いします。

続きを読む

深夜、非常に残念なニュースが飛び込んできました。

20日、イスラム国に拘束されていることが明らかになった邦人男性2人のうち、

湯川遥菜さんが殺害されてしまった可能性が高まりました。

ニュースでは、もう一人の人質である後藤健二さんが湯川遥菜さんの遺体と思われる写真を持ち、

英語で声明を読み上げる動画が投稿されたとの事でした。

私はニュースでその動画の一部を見ましたが、

その中で後藤健二さんが「Abe, You killed Haruna.」と読み上げる部分があり

非常に衝撃的な内容でした。

*NHKのニュースでは、「Abe, You killed Haruna.」の部分は軒並みカットされています。

「安倍、お前が遥菜を殺したに等しいんだ。日本政府は72時間以内に何もしなかった。」

のような解釈でよろしいのかと思います。

今日のニュースでは、どの局でもその件で持ちきりな感じでしたね。

とにかく、ショッキングすぎるニュースでした。

↑このページのトップヘ