Last Update 2016/01/07

ジャングル・ダンス

作詞:森正和 作曲:小室哲哉 編曲:米光亮 歌:荻野目洋子

アニメーション:若井丈児

1988年2月〜3月放送

曲について

1988年2月〜3月にかけて「たのしいさんすう」とのカップリングで本放送され、
同年6月の再放送を最初に数回再放送されているわりとメジャーな曲です。
最後に再放送されたのは、2015年11月21日の午後5時55分からリクエスト枠で
Eテレからでした。*アニメ「境界のRINNE」が終わった直後。

作曲はあの小室哲哉。これは後から調べてわかりました。
言われてみれば、確かに小室さん的な音作りになっているのがわかります。
私が荻野目洋子さんという歌手を知ったのも、この曲でした。
同時期の小室哲哉の作品として、テレビ「アニメ三銃士」のイメージソングである
伊藤かずえさんの「星屑のイノセンス」などがある。

曲にまつわる思い出や感想など

注意:この部分は、曲に関する個人的な思い出や感想などを語っちゃっています。
特に興味のない方は、適当に流していただいてOKです。
人の思い出話に興味のある方だけじっくりと読んでみてください。

この曲を初めて聞いたのは、私が小学4年生としての全日程を終了し、
春休みに入ったある日の午前9時55分ごろでした。
当時、みんなのうたの本放送は「おかあさんといっしょ」が終わった後の
午前9時55分から総合テレビでと、NHK FMで「音の風景」が終わった後の
午前11時50分からの2回が定時でやっていたものと記憶しています。
では、楽曲についての思い出話に戻ります。

この曲のアニメーションですが、曲の歌いだしの部分では
女の子がベッドに横たわっており、すぐそばのテレビから突然ウサギが飛び出してきて
ウィンクしながら招待状を女の子に手渡す。
その後、傘をパラシュートのように使い、ビルから下へ降りていくのですが、
気が付くと動物園の中にいるというもの。

サビの部分の「Jungle Dance」の部分では、女の子が踊っている場面が映し出される。
そっちの方は特にツッコミどころはなかったのですが、
次の「Dance and Dance」の部分で女の子が上半身を激しく動かす場面で
私と姉が「変な動きだな」と言って笑っていた記憶があります。
今見てみると、それほど変な動きではありませんよね。
ジャズダンスによくありがりな動きだと思う。
小学生ぐらいの年頃だと、ちょっとしたことが笑いのツボになったりすることありますよね。
今思えば、まさにそれだったんだと思います。

当時、星座観察を始めたばかりの私は、曲中に出てくる「アフリカの星」のことを
赤い目立つ星ということから「さそり座のアンタレスの事かなあ」などと
解釈していたりしました。実際いつも南の方角にある星ですのでねえ〜
まあ小学生時代というのは、色々と想像力が膨らみますよね。

曲の最後の部分では、女の子が最初に横たわっていたベッドに戻っており
「なんだ夢か〜」というオチにちょっとしゅんとなった記憶もあります。
でも、こういうファンタジーな構成のアニメーションは好きですね。
最近のみんなのうたにはこういうタイプの歌はあったっけなあ〜?

CD、レコード、着メロ、着うた、ダウンロード購入等

注意:以下のリンク、バナー等は広告です。
楽曲の視聴や購入を検討されない方は広告主様のご迷惑になりますので
無用なご利用はご遠慮ください。

レコチョク
「ジャングル・ダンス」をダウンロード 250円

Amazon.co.jp
ジャングル・ダンス